【ジャカルタ】オー・ティー・エー新興企業、TravelokaはUSD 300 million又はIDR 4.5 trillionの資金調達を成功に得た後、本業に注力していく。

Travelokaの情報源によれば、その新規資金は財務決算を強化する為、使途される。「この資金調達は当社の財務決算を強化し、本業に注力し続け、将来的な事業見通しを築く可能にさせます。」とその情報源は2022年9月29日(木)にBisnisが引用されたように、説明した。

その資金調達に参加した幾つかの投資家はIndonesia Investment Authority(INA/インドネシア投資庁)、BlackRock(未公開株式を通じる)、Allianz Global Investors、Orion Capital Asia、有名な他世界的金融機関などであった。

Indonesia Investment Authority(INA/インドネシア投資庁)の最高経営責任者、Ridha Wirakusumah氏が比類のない容易やアクセスを持っている旅行セクターとオー・ティー・エーはCOVID-19パンデミックの間にこの業界の雰囲気を変更すると見なす。2022年9月29日(木)の公式開示において、Ridha氏がオー・ティー・エーはインドネシアの総観光注文を24%のパンデミック前に比べ、2021年に33%に増やし、将来的に、それは36%に及ばせるよう、期待されると語った。

BlackRockとAllianz Globalが現在、Travelokaは世界で最も人気な旅行先となっている地域、東南アジアのオー・ティー・エー業界の最強のリーダーだとも見なす。  (NR/AM/ZH)