【ジャカルタ】PT Hutama Karya (Persero)はヌサンタラ首都(IKN)プロジェクトの有料道路とオフィスビルの建設を通じて、IDR 5 trillionの新規契約を獲得した。

PT Hutama Karya (Persero)の取締役、Budi Harto氏が当社はIDR 3.2 trillionの有料道路建設及びIDR 4 to 5 trillionのオフィスビル建設の入れ札を獲得したと2022年9月29日(木)に国有企業省の事務所で述べた。

公共事業・公営住宅省の電子調達サービスのデータによれば、Hutama Karyaは特に、カランジョアン-KKTカリアンガウセグメント、ヌサンタラ首都(IKN)プロジェクトのの有料道路の入れ札の勝者として記録される。Hutama Karyaはその入れ札に参加した132社の他社を負かした。

以前、Hutama KaryaはIDR 291.1 billionの契約額を、Hutama−Adhi−Bangun Ciptaの共同運航を持っている船舶フェンダーとバラン島の橋建設の契約を得た。 (NR/AM/ZH)