BIPI - PT. Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk

Rp 182

+1 (+0,55%)

【ジャカルタ】PT Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk (BIPI)の利益は2021年上期に比べ、2022年上期に160.84%伸びた。それは固定資産売却を通じて、塊状な収益が支援された。

2022年9月30日(金)に公表された2022年上期財務諸表において、BIPIの取締役社長、Ray Anthony Gerungan氏がBIPIの当期利益は2022年上期にUSD 35.91 millionを記録され、USD 13.76 millionの2021年上期に比べ、増加したと語った。一方、親会社に帰属する当期利益はUSD 8.88 millionの2021年上期に比べ、2022年上期にUSD 21.71 millionに増加した。

それに、所得税引き前利益はUSD 16.91 millionの2021年上期に比べ、2022年上期にUSD 37.43 millionにも倍増した。それはUSD 900,479の2021年上期に比べ、2022年上期にUSD 81.29 millionに大幅に増加したその他所得が支援された。

その他所得はUSD 78.12 millionの固定資産売却の収益、USD 1.96 millionの貸倒引当金の回復、USD 915,601の為替差益、USD 297,456のその他を含める。

BIPIの収入は2022年上期にUSD 28.69 millionを記録され、USD 28.67 millionの2021年上期に比べ、安定した。その収入源はUSD 26.54 millionを貢献した港レンタルサービス、USD 2.14 millionを貢献した破砕機レンタルサービス、USD 12,000を貢献したコンサルタントサービスによるものであった。 (NR/LK/ZH)