【ジャカルタ】Bank Indonesiaの流動性補助(BLBI)に対する国家の貸倒引当金繰入額はIDR 82.6 trillionに及んだ。今まで、貸倒引当金繰入額はIDR 110.4 trillionの25%又はIDR 27.8 trillionのみを記録される。

インドネシア共和国の衆議院第11委員会会員、Heri Gunawan氏がBLBIに対する国家の貸倒引当金繰入額はBLBIのタスクフォース勤務が2023年12月23日に終了する前、全て収集されなければならないと語った。「収集されていない貸倒引当金繰入額は未だ、75%残っており、我々は僅か15ヶ月を持っております。」とHeri氏は2022年9月30日(金)にdpr.go.idから引用されたように、述べた。

Heri氏によると、この事件に関する進歩は伸び悩んでいるそうである。したがって、BLBIタスクフォースは行動的に堅固にならなければならなく、下手人を裁判所に送る事を躊躇する事はない。

Heri氏が元BLBIの資産はIDR 101.8 trillionのローン資産、IDR 8.06 trillionの不動産資産、IDR 8.47 billionの投資資産、IDR 489.4 billionの証券資産、IDR 77.9 billionの株式資産、IDR 5.2 billionのノストロ口座資産を含めると語った。一方、BLBIの貸倒引当金繰入額はIDR 885 billionの現金、不動産と担保の形の非現金を含める。

BLBIタスクフォースは335名の債務者の中に114名を召喚したが、その114名の中に僅か56名がそれを応じた。 (NR/LK/ZH)