CENT - PT. Centratama Telekomunikasi Indonesia Tbk

Rp 137

+3 (+2,19%)

【ジャカルタ】PT Centratama Menara Indonesia (CMI)はIDR 1.17 trillionでPT Anugerah Communication (AC)の397情報通信塔を取得する。891テナントが使用されるそれらの情報通信塔は392ユニット碇置、234ユニットコロ−1、136ユニットコロ−2、83ユニットコロ−3、46ユニットコロ−4を含む。

CMIの親会社、PT Centratama Telekomunikasi Indonesia Tbk (CENT)の会社秘書役、Wiwik Septriandewi氏が取得される資産はAPの396ユニット塔、1ユニット賃貸される塔を含むと語った。「その塔は353ユニットのグリーンフィールドタワー、44ユニットの屋上型塔と言う二つ財産グループに分割されます。」とWiwik氏は2022年10月4日(火)に引用された情報開示を通じて、述べた。

取得されるそれらの塔はAPの関係会社、PT Kelola Multi Berkat (KMB)が所有される土地にある。しかし、取引されるCMIとACは関係を持っていない。

Wiwik氏によると、その取引後、CENTは情報通信塔サービス提供業者としての立場を強化するそうである。その上、そのサービスは東部インドネシアに拡大され、その結果、将来的に収入や利益を増やせる。

その取引額は2021年12月現在、IDR 1.2 trillionのCENTの全持分の9.5%に等しい。その計画は2022年10月5日(水)に開催される臨時株主総会で決定される。 (NR/LK/ZH)