【ジャカルタ】金融庁(OJK)は今年末まで資本市場で収集される資金目標をIDR 182.5 trillionに増やした。

金融庁(OJK)の資本市場監修所長、Inarno Djajadi氏が48社の新発行者によって、2022年9月30日に資本市場の資金調達はIDR 175.34 trillionに及んだ為、その目標を増やされると語った。一方、パイプラインにはIDR 61.31 trillionの価値を持っている90公募計画がある。

Inarno氏によると、現在、その資金調達は2022年の目標を達成したそうである。「したがって、我々は今年末まで資金調達目標をIDR 182.5 trillionに増やします。」とInarno氏は2022年10月3日に2022年9月のRDKの記者会見で述べた。

Inarno氏が発行者はかなり有望な発展をも見せたと語った。2022年中旬財務諸表をリリースした722社の上場企業の中に479社又は66.34%は業績の改善を示した。総合株価指数(JCI)は7,040.80、1.92%低下しても、収入は前年比、22.97%伸びた一方で、利益は前年比、74%伸びた。「この補正は世界的市場が大幅に補正するにつれて、発生しました。」とInarno氏は説明した。 (NR/AM/ZH)