AUTO - PT. Astra Otoparts Tbk

Rp 1.370

-20 (-1,46%)

【ジャカルタ】PT Astra Otoparts Tbk (Perseroan)は2022年上期にIDR 432 billionの連結純利益を記録し、2021年上期に比べ、62%伸びた。それは自動車メーカー市場と予備部品代理店の市場から増えた予備部品需要が引き起こされた。

当社の事業運営はCOVID-19パンデミックに対する復興過程やロシア−ウクライナの地政学的状況の為、ダイナミックなマクロ経済状態の影響をも受けても、当社は一貫して積極的な業績を見せる。オペレーショナルエクセレンスの実行は運転資本管理、生産性を増やし、非自動車製品を多様化し、電動車両生態系を開始する事に注力される。

当社は2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 8.6 trillion、20%伸びた純収入を記録出来た。その純資産は2021年12月31日に比べ、IDR 17.6 trillion、4%も伸びた。

情報上、2022年上期に、当社の製造事業セグメントは純収入の52%又はIDR 4.5 trillionを貢献した。その貿易事業セグメントは純収入の48%又はIDR 4.1 trillionを貢献した。

2022年に、当社は電動四輪車両の全種類によって使用されることができる電池系電気自動車充電設備としてAstra Otopowerを導入した。そして、イオナイザーを備えられるCar Air PurifierとGrin Plasmafanと言う製品革新を打上げた。 (NR/LM)