IATA - PT. MNC Energy Investments Tbk

Rp 104

-3 (-2,88%)

【ジャカルタ】PT MNC Energy Investments Tbk (IATA)はパレンバンのムシ・バニュアシンにおける炭鉱の鉱業許可を延長されるにつれて、IDR 125 billionの運転資本をPT Bhumi Sriwijaya Perdana Coal (BSPC)に与える。その資金源はIDR 2.67 trillionを目指されるIATAの株主割当発行の収益によるものである。

2022年10月24日(月)に引用された情報開示において、延長されたその鉱業許可は投資大臣/投資調整庁(BKPM)所長の命令書によって、得られ、今年以降、10年間、2032年までに有効となる。その上、当社はその所在地における採鉱開発認可証に関するNo.608/2012ムシ・バニュアシンリージェンシー所長の決定書をも得た。

2022年第2四半期まで、BSPCの出炭量は272,341メトリックトン(MT)の石炭を、その販売量は280,263メトリックトン(MT)の石炭を記録された。2022年9月19日まで、SAII Resources Pte Ltd、Visa Resources Pte Ltd、CPTL Pte LtdからUSD 108.42 millionの価値を持っている200万メトリックトン(MT)の石炭販売契約をも得た。 (NR/LK/ZH)