BELI - PT. Global Digital Niaga Tbk

Rp 474

+16 (+3,38%)

【ジャカルタ】Blibliとしてもよく知られ、PT Global Digital Niaga Tbk (BELI)は2022年11月頭に行なわれた新規株式公開を通じて、177.1億株を発行した後、今、インドネシア証券取引所(IDX)に正式に上場される。

一株当たりIDR 450の実行価格によって、BlibliはIDR 8 trillion又は約USD 513 millionの新規株式公開の全収益を得た。その企業行動は2022年に二位の最大の新規株式公開であり、インドネシア証券取引所(IDX)の歴史的中に五位の最大の新規株式公開である。

「インドネシア証券取引所(IDX)に正式に上場されることによって、我々は皆の当社の顧客にとって有数で最も信頼される売買・ライフスタイルオムニチャネルプラットフォームになる当社のビジョンに一歩近付けます。」とBlibliの最高経営責任者兼共同創設者、Kusumo Martanto氏は述べた。

Blibliの新規株式公開はプーリング割当に4.4倍募集額以上に申し込まれ、高い投資家の情熱をも記録した。それはプーリング割当を入り発行の2.5%から5%に増やされた。

「BELIの株式は今、インドネシア証券取引所(IDX)で売買されることによって、我々はインドネシアの技術セクターに対する投資家の信頼を強化し、国内デジタル経済に好影響を与えられるよう、期待します。」とBlibliのコミサリス会長、Martin Basuki Hartono氏は述べた。

以前、idnfinancials.comが報告されたように、Blibliはローンを返済し、運転資本を増やす為、その新規株式公開の収益を使途する計画である。詳細的に、約IDR 5.5 trillionはPT Bank Central Asia Tbk (BBCA)とPT Bank BTPN Tbk (BTPN)へのローン返済として割当てられる一方で、その残りはPT Global Tiket Networkの事業を拡大する為、使途される。 (NR/KR/ZH)