KRYA - PT. Bangun Karya Perkasa Jaya Tbk

Rp 228

-14 (-6,14%)

【ジャカルタ】PT Bangun Karya Perkasa Jaya Tbk (KRYA)は運転資本の為、IDR 17.36 billionの新規株式公開の収益を割当て、東ジャワ州のグレシックで何軒の倉庫を建てる計画を停留した。

PT Bangun Karya Perkasa Jaya Tbk (KRYA)の取締役社長、Brigitta Notoatmojo氏が運転資本の為、割当てられたその新規株式公開の収益は株主によって承認されたと語った。「臨時株主総会は新規株式公開の収益の割当変更に合意した有効票を持っている全株の80.01%が出席されました。」とBrigitta 氏は2022年11月14日(月)に引用された情報開示を通じて、述べた。

その新規株式公開の趣意書によれば、KRYAは2022年7月19日〜21日、一株当たりIDR 125の売出価格で3億2500万株を発行することによってIDR 40.62 billionの新規資金を目指した。そして、その新規株式公開の収益の45.90%又は約IDR 18.64 billionはグレシックのスクムルヨにおける6,610平方メートルの長屋の三つブロックで23軒のデジタル倉庫を建てる為、その54.10%は機械メンテナンスを含め、原料を購入する為、使途される。

2022年7月に、KRYAの子会社、PT Karya Asmon Solusi (KAS)は3ヶ月の事業合法性認可の手続きをしており、その新規株式公開の発効声明を取引所によって発行された後、6ヶ月の倉庫建設の認可証を要求していると主張した。 (NR/LK/ZH)