GGRP - PT. Gunung Raja Paksi Tbk

Rp 500

-4 (-0,80%)

【ジャカルタ】PT Gunung Raja Paksi Tbk (GGRP)が2022年に売上高はUSD 972 million、前年比、34.7%伸びると推定する。2022年第3四半期まで、USD 723.26 millionの純売上を記録した。

GGRPの会社業務担当重役、Fedaus氏がその予測は最近、インドネシアの強硬なインフラ発展によって支援されると説明した。「当社はヌサンタラ首都(IKN)プロジェクトを含め、国内インフラプロジェクトを支援し続けていきます。」とFedaus氏はKontanが2022年11月24日(木)に引用されたように、述べた。

一方、2022年第3四半期に、当社はUSD 723.26 millionの純収入を記録し、USD 502.43 millionの2021年第3四半期に比べ、前年比、44.02%伸びた。鋼板・副産物の売上高は前年比、35.4%伸び、USD 501 millionを収入に貢献した。一方、鋼棒・副産物の売上高はUSD 222.24 millionを貢献し、前年比、68.18%伸びた。

売上高が増えたにつれて、販売費はUSD 431.42 millionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にUSD 650 million、前年比、50.8%伸びた。しかし、結局、当期純利益は2022年第3四半期にUSD 49.20 millionを記録され、USD 40.20 millionの2021年第3四半期に比べ、微増した。2022年第3四半期に、純資産はIDR 797.23 millionを記録され、前年比、5.84%伸びた。一方、総資産はUSD 1.18 billionを記録され、前年比、10.48%伸びた。 (NR/AM/ZH)