VTNY - PT. Venteny Fortuna International Tbk

Rp 402

+2 (+0,50%)

【ジャカルタ】PT Venteny Fortuna International Tbk (VTNY)は現在の経済情勢の緊張にも拘らず、インドネシア証券取引所(IDX)で新規株式公開を行うことにした。しかし、将来的に目標を達成する為、利点を持っており、戦略を立てている。

PT Venteny Fortuna International Tbk (VTNY)の最高財務責任者、Windy Johan氏がVTNYは新規株式公開後、成長と利益性を維持できるよう、より高い生産性や収入を得る為、コスト効率を行うと説明した。「資金を注ぎ込む戦略を通じて、事業を拡大する殆どの技術会社と違って、当社は基本的な様相を強化する事の方が注力します。」とJohan氏は2022年11月24日(木)にVentenyの公開暴露とデューディリジェンス会議の後、メディア説明会で述べた。「我々はこの新規株式公開によって将来的に市場に有望な基本や偉大な見込みを持っている会社について公衆に判断を任せられるよう、期待します。」とJohan氏は付け加えた。

VTNYの創設者兼最高経営責任者、わいで・じゅん氏は当社の事業は業界に異色だと見なされる為、その新規株式公開を通じて、当社の面前を最大限できるよう、期待する。認められた後、流動性や資金調達は有名な金融機関に得られやすくなり、VTNYはビジネストゥビジネス金融サービスを最適化させる。

ジャカルタ、バンドン、スラバヤ、ランプンにおける支社だけではなく、将来的に当社はインドネシア全土に追加の10支社をも開通する予定である。一方、今年の財務業績目標に関して、Johan氏は2021年に比べ、30%〜40%伸びる収入を、400%伸びる利益を目指す。 (NR/ZH)