DIVA - PT. Distribusi Voucher Nusantara Tbk

Rp 770

+25 (+3,25%)

【ジャカルタ】PT Distribusi Voucher Nusantara Tbk (DIVA)の利益は2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期に2,621%低下した。それは2022年第3四半期に減ったその他投資益が引き起こされた。

2022年11月28日(月)に引用された財務報告書において、DIVAの取締役、Stanley Tjandra氏が収入は2022年第3四半期にIDR 3.61 trillionを記録され、IDR 3.59 trillionの2021年第3四半期に比べ、0.4%伸びたと語った。収入費は収入に対して97.77%減少した為、粗利益はIDR 70.58 billionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期に前年比、IDR 79.77 billionにも増加した。

営業利益はIDR 9.44 trillionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期に前年比、IDR 11.47 trillionに増加した。一方、当期純利益はIDR 1.25 trillionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にIDR 46.82 billionに大幅に低下した。その低下はIDR 42.27 trillionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にIDR 1.27 trillion、前年比、2,940%縮減したその他投資益が引き起こされた。

収入の最大の貢献者はIDR 3.39 trillionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期に前年比、3.3%微増し、IDR 3.51 trillionを貢献したデジタル・サービスセグメントであった。続いて、デジタル金融サービスセグメントはIDR 139.1 billionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期に前年比、IDR 89.1 billionを低く貢献した。旅行セグメントはIDR 58.2 billionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にIDR 7 billionをも低く貢献した。最後に、物流セグメントは2021年第3四半期にIDR 600 millionを貢献したが、2022年第3四半期に貢献しなかった。 (NR/LK/ZH)