【ジャカルタ】PT Bank Indonesia (BI)は小売支払いアプリを通じて、アクセスできる支払いシステムインフラ、BI-FASTを採用する追加29銀行を記録した。

BIの通信部長兼重役、Erwin Haryono氏がBI-FASTの連携相手は2022年11月28日(月)まで106銀行に及んだと語った。「現在、BI-FASTと連携相手となった銀行数は国家的小売支払いシステムの市場占有率の87%に及んでおります。」とErwin氏はプレスリリースを通じて、述べた。

その支払いシステムインフラの実行段階は支払いチャネルを準備する銀行の戦略を参酌する。BI-FASTの拡大は迅速で容易で安全で頼もしい小売支払いシステムに関して大衆のニーズを満たすと予測される。

関与したばかりであったその29銀行の中に16銀行は従来・シャリーア農村開発銀行。その上、第5バッチに関与したその16銀行は1つのコネクターを持っているマルチ銀行又はマルチテナンシーインフラを利用する。

BI-FASTは2021年12月21日に初めて打上げられた。 (NR/LK/ZH)