TBLA - PT. Tunas Baru Lampung Tbk

Rp 700

0 (0%)

【ジャカルタ】Sungai Budiグループが所有される椰子農園会社、PT Tunas Baru Lampung Tbk (TBLA)は一株当たりIDR 40又はIDR 211.07 billionの中間配当を流通する計画である。

TBLAの会社秘書役、Hardy氏がその計画は数日前、取締役会の決定通りであると語った。「それは2022年11月29日にコミサリス会が承認されました。」とHardy氏は2022年12月1日(金)にインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示を通じて、述べた。

その中間配当は2022年12月13日に正式に記録された株主に流通される。そして、その中間配当支払いは2022年12月21日に行なわれる。

idnfinancials.comのデータによると、2022年9月30日現在、TBLAはIDR 571.1 billionの純利益を記録した。そして、その留保利益はIDR 10.5 billionを、その純資産はIDR 6.8 trillionを記録された。

現在、TBLAの約28.08%株はPT Sungai Budiが、その27.19%株はPT Budi Delta Swakaryaが、その0.04%株はSantoso Winata氏が、その0.04%株はWidarto氏が、その残り44.65%株は大衆投資家が所有される。 (NR/KR/ZH)