PTPW - PT. Pratama Widya Tbk

Rp 950

-5 (-0,53%)

【ジャカルタ】調査・建設コンサルタントサービス提供業者、PT Pratama Widya Tbk (PTPW)は2022年11月末にPT Pratama Beton Nusantara (PBN)と言う新子会社を設立した。

PBNはIDR 16 billionの公称資本とIDR 4 billionの発行・払込資本で設立された。

PTPWの取締役、Cyrilus Winatama K.氏がPBNの約99%株はPTPWが支配されると公式開示を通じて、語った。そして、PBNの残り1%株はPTPWの支配株主、Paulus Kurniawan K.氏が所有される。

PBNはセメント、石灰、石膏、アスベストの産業や建材道具の大きな貿易に従事される。「その子会社を設立する目的は当社の事業を拡大し、顧客に提供される商品やサービスの販売価値を増やす為です。」とPaulus氏は述べた。

idnfinancials.comのデータによると、2022年1月〜9月、PTPWはIDR 70.15 billionの純利益を記録した。2021年同期に、IDR 36.03 billionのみの純利益を記録した。一方、2022年9月30日現在、その現金及び現金同等物はIDR 79.68 billionを記録された。 (NR/KR/ZH)