BYAN - PT. Bayan Resources Tbk

Rp 19.975

+25 (+0,13%)

【ジャカルタ】PT Fajar Sakti Prima (FSP)は東カリマンタン、西クタイ、セベラン村における498,000平方メートルの沈積量の桟橋ムアラパフターミナルの川を掘削する。そのプロジェクトの為、IDR 33.71 billionを割当てる。

2022年12月2日(金)に引用された情報開示によれば、サービス提供業者、PT Nirmala Matranusa (NM)は同じ取締役を持っている為、FSPの関係会社である。それはFSPの取締役社長、Low Tuck Kong氏はNMのコミサリスでもある一方で、FSPの取締役、Jenny Quanteno氏はNMの取締役でもある。

PT Bayan Resources Tbk (BYAN)の子会社、FSPは採炭に従事され、3,775ヘクタールの利権を持っている。その沈積掘削は荷役活動を支援する為、行なわれる。 (NR/LK/ZH)