【ジャカルタ】ルピア(IDR)−円(JPY)間の地域通貨決済の取引完了はインドネシアのマクロ経済の安定を高めると見なされる。

副蔵相、Suahasil Nazara氏がBank Indonesiaと日本の財務省が行なわれた地域通貨決済契約は両国の輸出入や投資を高めるだろうと語った。

「これは素晴らしいイニシアチブです。我々は経済活動は行なわれ続け、工業者は役割を果たし、全ての支払いシステムはBank Indonesiaによって監視されると確保します。」とNazara氏は2022年12月2日に東京の地域通貨決済の日本地域的銀行の拡張に関するBank Indonesiaのセミナーで述べた。

Nazara氏によると、政府は特に、輸出入活動、インドネシアの経済の持続性を守り、確保する為、幾つかの政策を実行する準備ができているそうである。政府は関税と物品税へのより容易なアクセスを与えるよう、工業者はこの地域通貨決済を使用できるよう、BIと提携する。 (NR/LK/ZH)