【ジャカルタ】2022年11月11日に発行されたST-009シリーズのグリーン小売スクーク−貯蓄スクークの全売上高はIDR 10 trillionに及んだ。

その好結果は増えたミレニアル世代投資家(ジェネレーションY)の興味が支援された。財務省の予算金融リスク管理総局の報告によると、ST-009を発注したミレニアル世代投資家数は19,075人を記録された。それはST-009を発注した全投資家数の約53.89%に等しかった。

一方、ジェネレーションZ投資家数は697人を記録され、ST-009を発注した全投資家数の約1.97%に等しかった。

ST-009の歩留りは6.15%(フロア浮動)である。一方、ST-009の期日は2022年12月7日に行なわれる。

その上、その増えたST-009の販売量は新投資家の興味が支援された。ST-009を発注した新投資家数は13,412人を記録された。それは全投資家数の約37.89%に等しかった。

その証券発行において、インドネシア政府は2シャリーア銀行、18従来銀行、6社の証券会社、5社のミューチュアルファンド会社、3社のフィンテック会社を含め、33配布連携相手と提携した。 (NR/KR/ZH)