HRUM - PT. Harum Energy Tbk

Rp 1.690

+10 (+0,59%)

【ジャカルタ】富豪、Kiki Barki氏が所有される採炭会社、PT Harum Energy Tbk (HRUM)は一株当たりIDR 75.1又はIDR 1 trillionの中間配当を流通する。

idnfinancials.comが貰った公表によれば、その計画は先週、当社の取締役会の決定通りである。「それは2022年12月2日にコミサリス会によって承認されました。」とHRUMの経営陣は声明書を通じて、述べた。

その中間配当は2022年12月15日に正式に記録された株主に流通される。そして、その中間配当支払いは2023年1月3日に行なわれる。

idnfinancials.comのデータによると、2022年9月30日現在、HRUMはUSD 237.44 million又はIDR 3.67 trillionの純利益を記録した。一方、その留保利益はUSD 536.89 million又はIDR 8.3 trillionを記録された。

情報上、現在、HRUMの79.79%株はPT Karunia Bara Perkasaを通じて、Kiki Barki氏が支配される。そして、その0.09%株はPT Bara Sejahtera Abadiを通じて、Kiki Barki氏が所有される。その0.01%株はRay Antonio Gunara氏が、その18.61%株は大衆投資家が所有される。その残り株は自己株式として記録される。 (NR/KR/ZH)