INOV - PT. Inocycle Technology Group Tbk

Rp 127

+3 (+2,36%)

【ジャカルタ】PT Inocycle Technology Group Tbk (INOV)は北スマトラのメダンにおける再生ポリエステル短繊維(Re-PSF)工場は2023年第1四半期に商業的に運営すると予測する。

INOVの取締役、Victor Choi氏がメダンの再生ポリエステル短繊維(Re-PSF)の工場の生産能力は年毎に40,000の全生産能力の23%を貢献すると語った。「当社は小都市や中都市でリサイクリングセンターと洗浄設備を建てる為、今年の設備投資の為、USD 6 millionを割当てました。」とVictor氏は2022年12月7日(水)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

当社は現在、5軒の既存の再生ポリエステル短繊維(Re-PSF)工場を持っている。各年毎に14,400トンの全生産能力を持っているその3軒の再生ポリエステル短繊維(Re-PSF)工場はタンゲラン、カランアニャール、モジョケルトにある。そして、当社はサラティガにおける年毎に2,000トンの全生産能力を持っている1軒の不織布生産工場及びパレンバンにおける年毎に2,000トンの全生産能力を持っている1軒のホームウエア生産工場をも持っている。それらの工場の利用率は90%に及ぶ。

将来的に、北スマトラのメダン、南スラウェシのゴワとタカラルで建てられる3軒の不織布生産工場とホームウエア生産工場がある。各工場は年毎に1,300トンの不織布の生産能力や年毎に600トンのと不織布の生産能力を持っている。そして、当社は年毎に3,600トンと年毎に1,080トンの洗浄設備をも持っている。

2022年9月現在、当社はIDR 464.64 billionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にIDR 533.99 billion、前年比、15%伸びた。しかし、通貨為替相場の揮発度や増えた物価や増えた売上原価は利益を大幅に減少させた。結果として、IDR 25.69 billionの利益を記録された2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期に損失はIDR 8.79 billionを記録された。(NR/LK/ZH)