CLEO - PT. Sariguna Primatirta Tbk

Rp 466

+2 (+0,43%)

【ジャカルタ】ボトル飲料水メーカー、PT Sariguna Primatirta Tbk (CLEO)は2023年からランプン、ペカンバル、マナドで3軒の新工場を建てる計画である。33軒のボトル飲料水を製造する工場を経営すると予測される。

CLEOの取締役副社長、Melisa Patricia氏がその新工場の設立は配布コストを最小限する為、行なわれると語った。「我々は新工場を建て、配布ネットワークを増やすことによって拡大戦略を継続すると楽観的に留まります。」とMelisa氏は2022年12月7日(水)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

今年、当社はバンジャルマシン、チトルアップ、ボジョネゴロにおける5軒の工場を拡大した。一方、建てられる3軒の新工場はバリクパパン、パランカラヤ、パレンバンにある。当社はジャワ、スマトラ、カリマンタンにおける配布ネットワークを拡大する為、IDR 220 billionの設備投資を割当てた。

電話を通じて、確認されたように、CLEOのメディア関係役重役、M. Aditya氏がそれらの3軒の新工場の投資額は詳しく明らかにされていないと語った。しかし、それは今年、割当てられたIDR 220 billionの設備投資と同じくらいと推定される。 (NR/LK/ZH)