GPRA - PT. Perdana Gapuraprima Tbk

Rp 113

-1 (-0,90%)

【ジャカルタ】2022年12月9日(金)に、シンガポールの小売会社グループ、Tolaram Group Inc.はPT Bank Amar Indonesia Tbk (AMAR)における所有権を増やした。以前、59.49%株を所有しているAMARの支配株主になっている。しかし、それは不十分のようで、なぜなら、Tolaram Group Inc.はAMARの3,333,766,029株を購入し、その所有権を7.78%に増やし、67.27%になった。

興味深い事に、大抵に株式を売却する支配株主、PT Sinar Mas Cakrawalaは今回、PT Sinar Mas Multiartha Tbk (SMMA)の923万株を購入した。そして、所有権を増やした2名の個人投資家がいる。その一人、「インドネシアのウォーレン・バフェット」と言われるLo Kheng Hong氏はPT Global Mediacom Tbk (BMTR)の390万株を購入した。もう一人、Baracoalの所有者、Hasim Sutiono氏はPT Cashlez Worldwide Indonesia Tbk (CASH)の125万株を購入した。UOB Kay Hian Pte Ltd.はジョグジャカルタを拠点とするホスピタリティー会社、PT Eastparc Hotel Tbk (EAST)の154万株を取得した。

一方、パームオイル会社、PT Sawit Sumbermas Sarana Tbk (SSMS)の株式は投資家に最も売却された株式であった。SSMSの少なくとも1億2523万株はPT Putra Borneo Agro Lestariに売却された。その上、PT FAC Sekuritas Indonesiaは陸運会社、PT Mitra International Resources Tbk (MIRA)の7476万株を売却した。

外国投資家は未だ、幾つかの会社における所有権を売却するようである。GOTO Peopleverse FundはPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の5361万株を売却した。一方、Major Intelligence LimitedはPT Perdana Gapura Prima Tbk (GPRA)の4484万株を、UOB Kay Hian (Hong Kong) Ltd.はPT MNC Kapital Indonesia Tbk (BCAP)の353万株を売却した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、マーケットヒントに関する最新ニュースをご覧下さい!