KIJA - PT. Kawasan Industri Jababeka Tbk

Rp 134

-2 (-1,53%)

【ジャカルタ】PT Kawasan Industri Jababeka Tbk (KIJA)は収入を前年比、5.08%に増やし、収入費の効率を行った後、2022年第3四半期に損失を抑えることができた。

2022年12月23日(金)に引用された2022年第3四半期財務報告書において、KIJAの取締役社長、Tedjo Budianto Liman氏が当社はIDR 1.73 trillionの売上高・サービス収入を記録し、2021年第3四半期に比べ、増加したと語った。その粗利益はIDR 634.65 billionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にIDR 864.21 billionにも増加した。

その増えた粗利益は総収入に対する収入費の50.23%の効率のお蔭であった。2021年第3四半期に、総収入に対する収入費は61.56%を記録された。一方、当期損失はIDR 128.45 billionの2021年第3四半期に比べ、2022年第3四半期にIDR 101.55 billion、前年比、20.76%低下した。

その増えた売上高・サービス収入は準備された土地、土地・住宅、オフィス・ショップハウス、アパート、工場用土地、ドライポート、ゴルフ、別荘・観光用土地を含め、全ての事業セグメントが貢献された。 (NR/LK/ZH)