DMAS - PT. Puradelta Lestari Tbk

Rp 154

+1 (+1,00%)

【ジャカルタ】コタデルタマス統合都市の開発業者、PT Puradelta Lestari Tbk (DMAS)は2022年中、IDR 1.86 trillionのマーケティング販売を記録した。

そのマーケティング販売はIDR 1.8 trillionに設定されたその初目標より3.6%伸びた。

DMASの取締役兼会社秘書役、Tondy Suwanto氏によると、工業地帯の売上高は2022年にマーケティング販売の最大の貢献者となったそうである。「当社は2022年に工業地帯の60ヘクタールが販売できました。」とTondy氏は述べた。

Tondy氏がその工業地帯の殆どはデータセンターとして使用されると語った。しかし、工業地帯の需要は家庭用用具製造業や自動車・その副産物産業などの別のセクターによるものでもあった。

情報上、DMASは特にデータセンター特区、デルタマスでグリーンランド国際工業センターをも開発し続けている。「データセンター特区を開発する当社の取組は結果を出しました。」とTondy氏は述べた。

将来的に、DMASはデータセンター工業地帯に投資し続けていきく。「特に、現在、デジタル化時代の最中に、」とTondy氏は述べ続けた。

一方、別の事業に関して、DMASは2022年に、「アルマンディン」と言うハウスショップ複合体を、「デ・シルバ」と言う新住宅クラスターを打上げた。この住宅クラスターはデルタマスの周辺における従業員と事業者を対象とされる。 (NR/KR/ZH)