NFCX - PT. NFC Indonesia Tbk

Rp 2.220

-20 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT NFC Indonesia Tbk (NFCX)はPT Energi Always Baru (ESB)と言う子会社の一つを通じて、IDR 5.5 billionの資本を投資することによって合弁会社を開設した。

NFCXの取締役社長、Abraham Theofilus氏がその合弁会社はPT Sewa Baterai Listrik (SBL)と言う社名で開設されたと語った。ESBが提供された払込資本額はSBLの55%株を代表する。

「この取引はESBの本業を支援し、営業収入を生じる為、定期的で繰り返し持続的に行われる事業活動となります。」とTheofilus氏は述べた。

idnfinancials.comのデータによると、ESBは2021年以降、商業的に運営し始めている。2022年12月31日現在、ESBにおけるNFCXの所有権は35%を記録された。一方、ESBの総資産はIDR 151.99 billionを記録された。

一方、2022年末まで、NFCXの現金及び現金同等物はIDR 233.25 billionを記録された。その総資産はIDR 1.86 trillionを、純資産合計はIDR 1.37 trillionを記録された。 (NR/KR/LM)