PBSA - PT. Paramita Bangun Sarana Tbk

Rp 290

+2 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Paramita Bangun Sarana Tbk (PBSA)は2022会計年度に61%伸びた純利益を記録した後、IDR 120 billion又は一株当たりIDR 40の現金配当を流通する計画を発表する。

公式リリースによれば、その計画は数日前に開催された株主総会の結果通りである。その総会で、株主は現金配当として留保利益の一部を使途する決定をも承認した。

情報上、2022年に増えたPBSAの純利益はIDR 279 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 732 billionに微増した収入によって支援された。

「この上昇は増した営業収入、今年、タルジュンとマルンダのプロジェクトのほぼ完成の結果でした。」とPBSAの経営陣は公式声明を通じて、述べた。

今年、PBSAはIDR 725 billionの収入、IDR 115 billionの純利益を目指す。この目標は既存のプロジェクトや主要な顧客以外の顧客から新規プロジェクトを得る努力を通じて、達成できるように、期待される。 (NR/KR/ZH)