TBLA - PT. Tunas Baru Lampung Tbk

Rp 705

+10 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Tunas Baru Lampung Tbk (TBLA)は銀行にIDR 2.6 trillionのシンジケートローンファシリティーを貰った。

TBLAの取締役副社長、Sudarmo Tasmin氏がその新規シンジケートローンは既存のローンを返済する為、使途されると語った。「この新規シンジケートローンは既存のシンジケートローンより低い金利を持っております。」とTasmin氏は2023年6月19日(月)に引用された情報開示を通じて、述べた。

その新規シンジケートローンの為、出される担保はTBLAの子会社によって開かれたローンと企業保証のエスクロー口座に対する質権を含める。その子会社はPT Adikarya Gemilang (AKG)、PT Agro Bumi Mas (ABM)、PT Bangun Nusa Indah Lampung (BNIL)、PT Budi Dwiyasa Perkasa (BDP)、PT Budinusa Ciptawahana (BNCW)、PT Bumi Sentosa Abadi (BSA)、PT Solusi Jaya Perkasa (SJP)である。

2023年第1四半期まで、TBLAの純資産合計はIDR 7.05 trillionを記録され、IDR 6,83 trillionの2022年第1四半期に比べ、増加した。その収入はIDR 3.85 trillionの2022年第1四半期に比べ、2023年第1四半期にIDR 4.36 trillionにも増加した。(NR/LK)