HMSP - PT. Hanjaya Mandala Sampoerna Tbk

Rp 735

+5 (+0,68%)

【ジャカルタ】PT HM Sampoerna Tbk (HMSP)のタバコ販売量は2023年上期に405億本、前年比、4.1%縮減した。

2022年上期に、そのタバコ販売量は423億本に及んだ。

その縮減は前年比、5.6%低下したインドネシアのタバコ産業の業績と伴った。HMSPの支配株主、Philip Morris International (PMI)の報告によると、インドネシアのタバコ販売量は2023年上期に1411億本に及んだ一方で、それは2022年上期に1495億本に及んだ。

PMIの最高経営責任者、Jacek Olczak氏が当社はPhilip Morrisグループの根本的な様相は2023年下期にかなり堅固になると楽観的だと語った。「したがって、我々は2023年末まで純利益見通しを7.5%〜8.5%に増やします。」とJacek氏は公式情報開示を通じて、述べた。

2023年頭に、PMIは世界的なタバコ販売量は2023年上期に1%〜2%に及ぶと推定した。しかし、その推定は中国と米国のタバコ販売量を考慮せず、行われた。

PMIの販売量は2023年上期に縮減しても、インドネシアにおけるPMIのタバコ市場占有率は28.7%に伸びた。2022年上期にそれは28.3%のみを記録された。

IDNFinancialsが取材されたデータによると、HMSPは2023年第1四半期にIDR 2.16 trillionの純利益を記録した。その純利益は前年比、12.85%伸びた。 (NR/KR/ZH)