AMRT - PT. Sumber Alfaria Trijaya Tbk

Rp 2.870

-10 (-0,35%)

【ジャカルタ】PT Sumber Alfaria Trijaya Tbk (AMRT)はアウトレットネットワークをフィリピン以外、アジアの幾つかの国々に展開する。その一歩は他の世界的な小売業者との競争力を強化する目的がある。

PT Sumber Alfaria Trijaya Tbk (AMRT)の取締役社長、Anggara Hans Prawira氏が当社は潜在的市場を検討しており、派遣先外国の提携を求めていると語った。「我々は現在、検討しており、その可能性はアジア以内にありそうです。幾つかの候補を再検討しております。」と Prawira氏は2023年11月21日(火)にIDNFinancialsに述べた。 

Prawira氏によると、AMRTは消費者により受け入れられるよう、派遣先外国の現地小売経営会社と提携するそうである。これはフィリピン市場に入る際に行われた事である。「我々は消費者の事を良く理解する為、現地相方と共に展開できるよう、願います。」とPrawira氏は述べた。

Prawira氏が現地小売業者と提携するにも拘らず、提携の主要な諸条件は「Alfamart」ブランドを使用する事だと語った。

2022年に、AMRTは16,086軒の自営アウトレット、4,712軒のフランチャイズを含み、29,798軒を運営した。フィリピンでは3軒の倉庫を持つ1,464軒のアウトレットを運営した。 (NR/LK/ZH)