PSAB - PT. J Resources Asia Pasifik Tbk

Rp 206

-6 (-2,83%)

【ジャカルタ】IDR 4.63 trillionの時価総額を持つ産金会社、PT J Resources Asia Pasifik Tbk (PSAB)はPT J Resources Boolang Mongondow (JBRM)と言う子会社の作業地帯で新規金見通しの発見を発表した。

その発見は2023年にJRBMのプロジェクト契約地帯に位置される地域的データや初現場探査データの再検討の結果に基付く。この契機によって、JRBMは詳細探査段階や新規鉱区開発を通じて、プロジェクトを進出する可能性がある。

情報上、ボラン・モンゴンドウカブパテンでJRBMが経営されるバカン金山は2013年以降、運営されている。現在、既存の資源を持つバカン金山の残り寿命はたった4齢だと予想される。

「この新規金見通しの発見はバカン金山の寿命を伸ばす代替となり、完全に新金山にも展開されることができるように、期待されます。」とPSABの経営陣は情報開示を通じて、付け加えた。(NR/KR/ZH)