BIPI - PT. Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk

Rp 65

+2 (+3,00%)

【ジャカルタ】現在、インドネシア証券取引所(IDX)に上場される5発行者は脱落された9社を入れ替え、MSCIグローバルスモールキャップ・インデックスの銘柄構成として入っている。この銘柄構成の変更は2024年5月31日に有効となる。

本日2024年5月15日に引用されたMSCIのデータによれば、その新顔はPT Gudang Garam Tbk (GGRM)、PT Mitra Keluarga Tbk (MIKA)、PT Sarana Menara Nusantara Tbk (TOWR)、PT Semen Indonesia Tbk (SMGR)、PT Ultrajaya Milk Industri & Trading Company Tbk (ULTJ)である。

一方、指数から脱落されたその9社はPT Astra Otoparts Tbk (AUTO)、PT Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk (BIPI)、PT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)、PT BPD Jawa Barat dan Banten Tbk (BJBR)、PT Energi Mega Persada Tbk (ENRG)、PT Lippo Karawaci Tbk (LPKR)、PT Media Nusantara Citra Tbk (MNCN)、PT Metro Healthcare Indonesia Tbk (CARE)、PT PP London Sumatra Indonesia Tbk (LSIP)である。

アジア太平洋地域に関して、殆どの新顔、13発行者は日本から来たものである。そして、ニュージーランドとフィリピンの新顔は夫れ夫れ1発行者である。一方、指数から脱落された最高の発行者数は韓国から来た39発行者である。 (NR/LK/ZH)