DLTA - PT. Delta Djakarta Tbk

Rp 3.010

-60 (-2,00%)

【ジャカルタ】アルコール飲料メーカー、PT Delta Djakarta Tbk (DLTA)は一株当たりIDR 281の2023会計年度の配当金を流通することにした。2023年に純利益が下がった為、その配当金は2022会計年度に比べ、15.7%低下した。

記録された8億66万株によって、現金配当はIDR 225 billionに及んだ。2023年財務報告書によれば、DLTAの純利益はIDR 199.6 billionのみを記録された。

したがって、配当性向は113%に及んだ。詰まり、DLTAは2023会計年度の配当金を株主に流通する為、留保利益を使途しなければならない。

情報上、純利益はIDR 230.1 billionの2022年に比べ、2023年に前年比、13.2%低下した。2024年の公開暴露の間にDLTAの経営陣によると、下がった純利益はIDR 736.8 billion、前年比、5.4%低下した純収入通りだそうである。

DLTAの経営陣が下がった収入は下がった売買高が原因だったと語った。「昨年は我々にとって実に困難な年でした。」とDLTAの販売担当重役、Ronny Titiheruw氏は2024年5月16日(木)に2024年の公開暴露で認めた。

残念なことに、2024年第1四半期に下がった業績が発生し続けた。収入はIDR 171.01 billionに低下した。そして、純利益はIDR 43.1 billionにも低下した。

しかし、DLTAの経営陣は昨年に比べ、2024年末に良い業績を達成できると楽観的に留まる。「なぜなら、アルコール飲料市場潜在は実は大変大きいです。」とTitiheruw氏は付け加えた。 (NR/ZH)