MKAP - PT. Multikarya Asia Pasifik Raya Tbk

Rp 288

+14 (+5,00%)

【ジャカルタ】PT Multikarya Asia Pasifik Raya Tbk (MKAP)の株価は2024年2月12日にインドネシア証券取引所(IDX)で新規株式公開を行って以来、一株当たりIDR 115から一株当たりIDR 430、273.91%急上昇した。

2024年5月20日(月)にIDNFinancialsの収集されたデータによれば、MKAPは2024年5月17日(金)の取引セッションの終わりに一株当たりIDR 420の低値を、一株当たりIDR 430の高値を記録した。MKAPの売買高は6161万株を、取引回数は4,898回を、取引額はIDR 26.21 billionを記録された。この上昇傾向は外国投資家にMKAPの株式を購入させた。MKAPの対外買は456万株を、対外売は142万株を記録された。

新規株式公開の間に、MKAPは2782万株の売買高を、7,513回の取引回数を、IDR 4.31 billionの取引額を記録した。対外買はゼロ株を記録された一方で、対外売は150,900株を記録された。終値は一株当たりIDR 155に及んだ高値でもあった。そして、低値は一株当たりIDR 150を記録された。

上がった株価を見せるだけではなく、業績は2024年第1四半期に上昇傾向をも見せた。収入はIDR 70.76 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 79.69 billion、前年比、12.56%伸びた。そして、粗利益はIDR 27.94 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 31.06 billion、前年比、11.15%伸びた。当期純利益はIDR 12.31 billionの2023年第1四半期に比べ、2024年第1四半期にIDR 15.36 billion、前年比、24.81%伸びた。 (NR/LK/ZH)