RALS - PT. Ramayana Lestari Sentosa Tbk

Rp 440

+2 (+0,46%)

【ジャカルタ】「Ramayana」と言う小売店を経営する会社、PT Ramayan Lestari Sentosa Tbk (RALS)の配当金は2022会計年度に比べ、2023会計年度に3.67%低下した。それは2023年に減少した親会社に帰属する純利益通りであった。

本日2024年5月21日にIDNFinancialsの収集されたデータによれば、RALSは2023年にIDR 300.36 billionの親会社に帰属する純利益を記録した。RALSの経営陣は配当金としてIDR 296.56 billion又は一株当たりIDR 50の純利益を、留保利益として残り親会社に帰属する純利益を割当てる。

2022年に、RALSはIDR 351.99 billionの親会社に帰属する純利益を記録した。IDR 307.47 billion又は一株当たりIDR 50の親会社に帰属する純利益は配当金として割当てられた。利益剰余金はIDR 3.86 trillionを、純資産合計はIDR 3.72 trillionを記録された。

収入は2023年にIDR 2.74 trillionを記録され、IDR 2.99 trillionの2022年に比べ、低下した。収入の最大の貢献者はIDR 2.05 trillionを貢献した無条件売り、IDR 685.33 billionを貢献した委託販売(委託費後)、IDR 685.33 billionを貢献した委託販売手数料であった。 (NR/LK/ZH)