BNLI - PT. Bank Permata Tbk

Rp 920

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】金融庁(OJK)とインドネシア証券取引所(IDX)はPT Bank Permata Tbk (BNLI)の自由浮動証券の必要条件を満たす為、2024年10月7日までの締め切り延長を許可した。

Bangkok BankはBNLIの株式を取得した後、BNLIの最小限の自由浮動証券の必要条件又は発行株式の7.5%は満たされなければならない。そした、Bangkok Bankは強制株式公開買付制度行った結果、BNLIにおける所有権は98.71%となった。

BNLIの会社秘書役・持続可能性課長、Katharine Grace氏が現在、Bangkok Bankは時間通り、必要条件を満たす為、自由浮動証券を増やす努力をしていると語った。その必要条件を満たすことによって、BNLIはインドネシア証券取引所(IDX)の主要盤に再び、入ることができる。

情報上、インドネシア証券取引所(IDX)は2024年5月26日(日)にBNLIを開発盤に降格したばかりであった。それはBNLIは最小限の自由浮動証券の必要条件を満たしていない為、行なわれた。

「現在、我々はBangkok Bankと共にPermataBank backをIDXの主要盤に戻す努力をし続けます。」とGrace氏は公式声明を通じて、述べた。

2024年第1四半期まで、BNLIはIDR 252.8 trillionの総資産を記録した。純利益はIDR 807.3 billion、前年比、6.8%伸びた。そして、流通された信用は前年比、13.6%伸びた。 (NR/KR/ZH)