CLEO - PT. Sariguna Primatirta Tbk

Rp 1.195

+55 (+5,00%)

【ジャカルタ】市場需要が急上昇するにつれ、「Cleo」と言うブランドを持つペットボトル入りミネラルウォーター、PT Sariguna Primatirta Tbk (CLEO)は生産能力を増やす為、今年、4新工場を建てる予定である。

今まで、CLEOは2024年4月現在、インドネシアで31軒の最高の工場数を持つペットボトル入りミネラルウォーターメーカーとして知られる。しかし、殆どの所在地は19軒を持つジャワ島に集中されている。

本日2024年5月30日に年次公開暴露によれば、CLEOは2024年に商業営業日を待っている南スマトラ州のパレンバンの一軒を含め、4新工場を建てる予定である。

中部スラウェシ州のパルの一軒、西カリマンタン州のポンティアナックの一軒、リアウ州のプカンバルの一軒を含め、残り3軒はジャワ島以外にも位置される。

「パル、ポンティアナック、プカンバルの工場建設は第2四半期に一斉に開始され、今年末や2025年頭までに運営されると予想されます。」とCLEOの経営陣は述べた。

情報上、CLEOは3軒工場を建てる為、今年、IDR 450 billionの設備投資を用意している。「各工場は生産能力を年毎に10億リットルを齎らすように、年毎に2億5000万リットルの生産能力を持ちます。」とCLEOの取締役は述べた。

なお、CLEOの取締役会がその設備投資の資金源は運営上活動の堅固なキャッシュフローを考慮し、当社の内部資金のみを使途すると語った。「しかし、必要とされる場合、我々は第三者ローンを申し出られます。」とCLEOの取締役会は述べた。

工場展開は2023年末にIDR 2.1 trillion、前年比、25%伸びた売上高を反映されたように、需要が増えるにつれ、考慮される。

さらに、2024年第1四半期に売上高はIDR 626.5 billion、前年比、37.6%二桁伸びた。「売上が大幅に増えるので、現在、当社は既存の需要を満たす為、準備しなければなりません。」とCLEOの経営陣は結論付けた。 (NR/ZH)