MTDL - PT. Metrodata Electronics Tbk

Rp 665

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Metrodata Electronics Tbk (MTDL)は2024年にIDR 630 billionの設備投資を用意する。本日2024年6月3日に年次公開暴露によれば、設備投資のIDR 130 billionは倉庫展開やITツール取得を含め、内部ニーズの為、割当てられる。

情報上、実に、MTDLは内部ニーズの為、割当てられたIDR 130 billionの設備投資のIDR 120 billionでチビトゥンの物流センター展開を予定している。

「IDR 120 billionは(チビトゥン)倉庫展開の為、使途されます。その80%は使途されました。」とKartadinata氏は述べた。チビトゥン倉庫展開フェーズ2は容積を40.000平方メートルに増やす。

「我々はその建設を開始したばかりなので、IDR 20 billionを使途しました。」とKartadinata氏は付け加えた。

チビトゥン倉庫は2024年第1四半期まで収入に72%を貢献した流通業を支援する物流設備である。

「我々は内部設備ニーズの為、IDR 10 billionを割当て、そのIDR 6 billionはIT装置を購入する為、使途されました。」とKartadinata氏は述べた。

そして、IDR 500 billionの外部設備投資は石油ガス会社に賃貸される設備に資金を提供する為、使途される。「なぜなら、パンデミックの間に、機械を改修していない石油ガス会社が多くあります。」とKartadinata氏は述べた。

「IDR 100 billionの設備投資は実現されました。よって、我々はIDR 630 billionの設備投資のIDR 128 billion又は多少20%を使途しました。」とKartadinata氏は付け加えた。

MTDLの取締役社長、Susanto Djaja氏によると、今年、当社はIDR 25 trillion、前年比、13%伸びる収入を、前年比、10%伸びる純利益を目指すそうである。 (NR/ZH)