AMAR - PT. Bank Amar Indonesia Tbk

Rp 220

+2 (+0,91%)

【ジャカルタ】PT Bank Amar Indonesia Tbk (AMAR)はIDR 55 billion又は約一株当たりIDR 3.03の2023会計年度の現金配当を株主に流通する初デジタル銀行となった。

2024年5月29日に開催された年次株主総会によって、株主は配当金として2023年の純利益の31%を割当てる事に合意した。

情報上、純利益は2023年にIDR 177.97 billionを記録され、IDR 155.38 billionの損失を記録された2022年に比べ、前年比、214.54%急上昇した。

有難い事に、この好調業績は2024年第1四半期に維持され、純金利収益はIDR 269.02 billion、前年比、41.11%伸びた。そして、純利益はIDR 48.64 billion、前年比、41.91%伸びた。

通常市場と折衝市場の配当付き・落ちは2024年6月6日・7日に、現金市場の配当付き・落ちは2024年6月10日・11日に行われる。記録日は2024年6月10日に、配当金払いは2024年6月28日に行われる。

「デジタルバンキング産業の複数の有名な競争相手に比べたら、AMARは逆転業績を成功に記録した後、配当金を流通できます。」とNH Korindo Sekuritasの株式調査アナリスト、Leonardo Lijuwardi氏は本日2024年6月5日にBank Amarのプレスリリースから引用されたように、述べた。

IDNFinancialsのデータによると、インドネシア証券取引所(IDX)に上場される他の株式会社デジタル銀行は利益を記録しても、配当金を流通する計画を発表していない。これらの銀行はPT Bank Jago Tbk (ARTO)、PT Bank Aladin Syariah Tbk (BANK)、PT Bank Neo Commerce Tbk (BBYB)、PT Bank Dinar Indonesia Tbk (DNAR)を含める。

情報上、AMARの一株当たり配当金はIDR 3.03に及んだ。そして、株価は本日2024年6月5日に13時55分に一株当たりIDR 248に及んだ。よって、配当金利回りは1.22%に及ぶだろう。 (NR/ZH)