DVLA - PT. Darya-Varia Laboratoria Tbk

Rp 1.570

+10 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Darya-Varia Laboratoria Tbk (DVLA)は2023会計年度の当期純利益から取られるIDR 72.8 billion又は一株当たりIDR 65の2023会計年度の最終配当金を用意する。

ご存じの通り、2023年11月28日に一株当たりIDR 43の中間配当をも流通した。こうして、割当てられる2023会計年度の現金配当は一株当たりIDR 108又はIDR 120.96 billionに及ぶ。

全体的に、2023年に、純利益はIDR 146.34 billionを記録された為、配当性向は82.66%に及ぶ。それに比べ、2022会計年度に、配当性向は89.22%に低下した。

一株当たり配当金は9.24%にも減少した。それは2023年に前年比、2%低下した純利益通りであった。

「下がった利益は下がった消費者医療商品の売買高が引き起こされました。」とDVLAの金融担当重役、Celso Paz Lim氏は本日2024年6月11日に開催された年次公開暴露で述べた。

「それだけではなく、我々は粗率を削減させ、増えた複数の原材料経費をも記録しました。」とLim氏は付け加えた。

現在、Blue Sphere Singapore Pte LtdはDVLAの92.12%株を支配している一方で、大衆投資家はDVLAの残り7.88%株を所有している。

2024年6月11日に15時50分WIBに一株当たりIDR 1,575のDVLAの株価を参酌し、今回の現金配当に関して、指標配当金利回りは約4.1%に及ぶ。 (NR/ZH)