DVLA - PT. Darya-Varia Laboratoria Tbk

Rp 1.550

-25 (-1,59%)

【ジャカルタ】PT Darya-Varia Laboratoria Tbk (DVLA)は設備や商品の展開の為、殆ど割当てられるIDR 209 billionの2024年の設備投資を用意していると報告される。

2024年公開暴露に会ったDVLAの金融担当重役、Celso Paz Lim氏が2024年3月現在、当社は設備投資の20%〜30%又はIDR 41.8 billion〜IDR 62.7 billionを費やしたと語った。

「その殆どは展開の為、使途され、我々はGMPや地方規定者当局に従う事を確認する為、設備をも更新します。」とLim氏は述べた。

なお、その展開は現状の設備容量や商品の展開を含める。

DVLAは液体剤形・軟膏を製造するグヌン・プトゥリの1ユニット及び滅菌注射剤・固形剤を製造する千テュレルプの1ユニットを含め、二つユニットの生産設備を持っている。

公開暴露の間に、DVLAの経営陣は処方セグメントと消費者医療製品セグメントのポートフォリオを展開する為、商品革新戦略に合意した。

「それは階層化戦略です。我々は新市場に展開しながら、当社の既存ブランドの市場占有率を増やされます。」とDVLAの取締役社長、Ian Martin Wibawa Kloer氏は述べた。

2024年第1四半期まで、DVLAはIDR 532 billion、前年比、4%伸びた収入を記録した。それは2024年3月まで、IDR 252 billion、前年比、17%伸びた消費者医療セグメントが支援された。結果として、純利益はIDR 67 billion、前年比、11%も伸びた。

「我々は傾向が向上していると分かります。」とLim氏は述べた。「5月まで、その傾向が向上すると分かります。これまで、当社の業績は未だ、計画通りです」。

Kloer氏によると、DVLAは今年、中程度の成長率、前年比、6%〜7%のみの成長を目指すそうである。 (NR/ZH)