SUNI - PT Sunindo Pratama Tbk

Rp 515

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】OCTG管メーカー、PT Sunindo Pratama Tbk (SUNI)は2024年7月12日にIDR 11 billionの2023会計年度の配当金を流通する準備ができている。

2024年5月現在、25億株に及んだ株数によって、流通される一株当たり配当金はIDR 4.4に及ぶ。それは2023年12月に記録されたIDR 100.86 billionの純利益の10.91%に等しい。

一株当たり配当金は一株当たりIDR 3の2022会計年度に比べ、2023会計年度に46.67%伸びた。実に、それは2023年に前年比、38.6%伸びた純利益通りであった。

記録日は2024年6月26日に行われる。通常市場と折衝市場の配当付き・落ちは2024年6月24日・25日に、現金市場の配当付き・落ちは2024年6月26日・27日に行われる。

株価は本日2024年6月12日に13時32分に一株当たりIDR 535に及んだ。指標配当金利回りは0.8%のみに及ぶ。

情報上、2024年5月まで、SUNIの64.6%株はSUNIの創設者兼現役コミサリス役会長、Soe To Tie Lin氏によって支配された。そして、その11.4%株はSUNIの取締役社長、Willy Chandra氏によって、その残り24%株は大衆投資家によって所有された。 (NR/ZH)