MORA - PT. Mora Telematika Indonesia Tbk

Rp 450

+6 (+1,00%)

【ジャカルタ】Moratelindoとして知られるPT Mora Telematika Indonesia Tbk (MORA)は2024年にIDR 1 trillionの設備投資を用意している。

Moratelindoの取締役副社長兼最高経営責任者、Genta Andhika Putra氏が設備投資の資金源はスクーク発行の収益と銀行融資によるものだと本日2024年6月13日に行なわれた2024年公開暴露で会ったときに述べた。

殆どの設備投資はMoratelindoの複数の展開計画の為、割当てられる。「それはジャカルタ−シンガポールの中堅ネットワークを拡大し、ホームパスFTTHネットワークを増やし、為、容量をアップグレードする為です。」とPutra氏は述べた。

情報上、2023年末まで、MORAは692.1千のホームパスFTTHネットワークを記録し、548.7千の2022年に比べ、前年比、26%伸びた。今年、ホームパスFTTHネットワークはリアウ、プカンバルの新たな地域に展開するとも言われる。

なお、現在、バタムのデータセンター展開に注力していると知られる。「AI系ビジネスが繁栄するによって、それは当社のデータセンター事業にとって機会です。」とMORAの最高戦略ビジネス責任者、Resi Y. Bramani氏は付け加えた。

Bramani氏が2024年第1四半期まで、当社は設備投資の30%又は約IDR 300 billionを実現したと語った。しかし、その設備投資の使途に関する詳細は明らかにされていない。

2024年第1四半期に純利益はIDR 254.5 billion、前年比、10%微増しても、MORAの経営陣は一桁、適度な成長率を目指している。 (NR/ZH)