SPMA - PT. Suparma Tbk

Rp 292

-2 (-0,69%)

【ジャカルタ】2021年以降、2年以内に、配当金を株主に流通しなかったPT Suparma Tbk (SPMA)は遂に、IDR 37.84 billionの2023会計年度の配当金を流通する。

SPMAの会社秘書役、Alberta Angela氏が株主は一株当たりIDR 12の配当金を流通する事に合意したと語った。配当金払いは2024年7月8日に行われる。配当金は2024年6月28日に正式に記録された株主に流通される。

通常市場と折衝市場の配当付き・落ちは2024年6月26日・27日に、現金市場の配当付き・落ちは2024年6月28日・7月1日に行われる。

その配当金はIDR 178.65 billionの2023年の純利益から取られる。一方、利益剰余金はIDR 983.41 billionを、純資産合計はIDR 2.31 trillionを記録された。

2020会計年度に、純利益はIDR 162.52 billionを記録された。流通された配当金はIDR 31.71 billion又は一株当たりIDR 15に及んだ。IDR 20 billionの純利益は一般準備金として、その残りIDR 102.13 billionは留保利益として割当てられた。 (NR/LK/ZH)