DIVA - PT. Distribusi Voucher Nusantara Tbk

Rp 90

-1 (-1,10%)

【ジャカルタ】2024年第1四半期に、PT Distribusi Voucher Nusantara Tbk (DIVA)の収入は前年比、5%微増しても、当期純損失はIDR 168.25 billionに数十倍膨らんだ。

DIVAの取締役、Stanley Tjiandra氏がその巨大な損失は投資活動の未実現損失が殆ど引き起こされたと語った。損失は2024年第1四半期にIDR 171.04 billionを記録され、IDR 7.6 billionの2023年第1四半期に比べ、22倍膨らんだ。

それに応じて、DIVAは現実的である。「当社の目標は2024年に積極的な営業利益を達成する事です。」とTjiandra氏は付け加えた。「よって、それは当社にとって便益になります」。

2024年第1四半期の財務報告書によれば、売上高は実にIDR 1 trillionに増加した。しかし、コストや経費が膨らんだ為、営業利益はIDR 6.67 billion、前年比、63.2%低下した。

今年、DIVAはIDR 10 billion〜IDR 12 billionの設備投資を用意した。本日2024年6月20日まで設備投資の80%は使途された。「それは主に、当社の子会社の資本を増やす為、使途されました。」とTjiandra氏は付け加えた。

なお、DIVAは不良な見通しにも拘らず、投資する意思について楽観的に留まる。「我々はよい相乗効果価値があるように、資本利得ではなく、戦略的提携を求めております。」とTjiandra氏氏は述べた。

DIVAは現在、ミクロ中小企業によって利用されることができるミクロ物流サービス、デジタル広告、電動車両利用を含め、投資会社の全てのシステムを組み合わせるエンドトゥエンドデジタル生態系を促進している。

「当社の国有企業の相方数は2024年第1四半期まで59,936名に及びました。」とTjiandra氏は本日2024年6月20日に2024年公開暴露で述べた。 (NR/ZH)