TAPG - PT. Triputra Agro Persada Tbk

Rp 575

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Triputra Agro Persada Tbk (TAPG)はインドネシアでバイオコークスをヤシ殻で生産する為、アイシン高丘株式会社と提携する。

TAPGの取締役社長、Tjandra Karya Hermanto氏はアイシン高丘株式会社との合弁会社の設立を全面的に応援すると語った。「合弁会社は世界的バイオコークスニーズを満たす為、2025年下期にバイオコークスを生産する事を予定されます。」とHermanto氏は2024年6月24日(月)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

Hermanto氏によると、アイシン高丘株式会社との提携は2036年に中性炭素を達成する持続可能なコミットメント通りだそうである。TAPGは2023年に穀粒粉砕工場の為、パーム液廃棄物を燃料とするバイオガス発電所を商業的に運営していると知られる。

一方、アイシン高丘株式会社の取締役社長、奥田誠氏がヤシ殻バイオコークスの使用は燃料の質を下げず、工業の全てのバイオコークス石炭使用を取り替えると語った。

ヤシ殻バイオコークスはアイシン高丘株式会社の研究開発の結果による改革である。その生産は今まで、原科炭を使用していた鋳造所業の燃料代替となる。 (NR/LK/ZH)