ADHI - PT. Adhi Karya (Persero) Tbk

Rp 258

+10 (+4,03%)

【ジャカルタ】4社の国有建設会社の株式は2020年にコロナウィルス(COVID-19)パンデミックが始まって以来、下がっていた。その下落傾向は2020年6月24日〜2024年6月24日、50%以上に及んだ。

本日2024年6月24日にIDNFinancialsの収集されたデータによると、その4社の国有建設会社はPT Adhi Karya (Persero) Tbk (ADHI)、PT Wijaya Karya (Persero) Tbk (WIKA)、PT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)、PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)である。

本日2024年6月24日の午後の取引セッションにADHIの株価は一株当たりIDR 200に及び、一株当たりIDR 615の終値を記録された2020年6月24日に比べ、67.47%下がった。時価総額はIDR 2.18 trillionの2020年6月24日に比べ、2024年6月24日にIDR 712.16 billionに大幅に低下した。

そして、WIKAの株価は本日2024年6月24日の午後の取引セッションに一株当たりIDR 89に及び、一株当たりIDR 1,260の終値を記録された2020年6月24日に比べ、92.93%下がった。時価総額はIDR 11.30 trillionの2020年6月24日に比べ、2024年6月24日にIDR 798.32 billionに大幅に低下した。

PTPPの株価は本日2024年6月24日の午後の取引セッションに一株当たりIDR 298に及び、一株当たりIDR 855の終値を記録された2020年6月24日に比べ、65.14%下がった。時価総額はIDR 5.30 trillionの2020年6月24日に比べ、2024年6月24日にIDR 1.84 trillionに低下した。

一方、WSKTの株式は2019年第4相第3発行登録債の15回利払いの停止の為、2023年2月15日以降、インドネシア証券取引所(IDX)によって停止された。終値は2020年6月24日に一株当たりIDR 735を、時価総額はIDR 9.97 trillionを記録された。 (NR/LK/ZH)