【ジャカルタ】インドネシア銀行(BI)が2019年、国民経済は5%〜5.4%伸びると楽観的である。その予測は国内需要の安定や純輸出成長に基づいている。

インドネシア銀行(BI)の総裁、Perry Warjiyo氏が2018年第4四半期、リリースされた経済成長の指針は国内需要が強く留まりを見せ、民間や政府の消費が支援されたと語った。「民間消費は維持される社会購入力や信頼、選挙準備の良影響とともに、良く留まると予測されます。」とWarjiyo氏はジャカルタで述べている。

Warjiyo氏によると、政府消費は商品購入や社会扶助

の支援により増々高くなっている。しかし、低迷するグローバル経済や下がるインドネシアの物価の為、輸出は減ると予測される。 (NR/LK/AR/W)