PTBA - PT. Bukit Asam Tbk

Rp 2.800

-40 (-1,43%)

【ジャカルタ】PT Bukit Asam Tbk (PTBA)は2019年第1四半期、Rp 1.15 trillionの当期利益を記録し、Rp 1.47 trillionの2018年第1四半期に比べ、低下した。

PT Bukit Asam Tbk (PTBA)の会社秘書役、Suherman氏がその減った利益は下がったグローバル石炭価格が原因であったと語った。「その減った収入はPTBAにだけではなく、他競争相手にも発生しました。」とSuherman氏は述べた。

2019年第1四半期、その収入はRp 5.33 trillionを記録され、Rp 5.74 trillionの2018年第1四半期に比べ、低下した。その粗利益はRp 2.58 trillionの2018年第1四半期に比べ、2019年第1四半期、Rp 1.77 trillionに下落した。そして、その営業利益はRp 2.03 trillionの2018年第1四半期に比べ、2019年第1四半期、Rp 1.41 trillionに僅かに減少した。

Suherman氏によると、ICEニューカッスル指数における石炭価格は35%低下し、PTBAの照会先であるICI 3指数には24%下落したそうである。「当社の石炭の基準価格であるICI-3(インドネシア石炭指数)は約24%減少しております。それによって、当社の純所得にも影響を与えます。」とSuherman氏は述べた。 (NR/LK/W)