ARNA - PT. Arwana Citramulia Tbk

Rp 670

0 (0%)

【ジャカルタ】セラミックメーカー会社の一つ、PT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)は2019年、生産利用を98%に増やすことが出来た。使用される機械利用の最適化は65%〜70%の国家利用率の範囲を超える。

PT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)の最高執行責任者、Edy Suyanto氏が2019年の生産実現数字は2018年に比べ、平方メートルに8%に伸ばせたと語った。「製品や良い売上業績や最適な生産利用に関しては当社は本日まで、顧客がどちらか需要されるかそれともより欲しがられるかを選ぶ為、市場のセラミック傾向を慎重に分析している為、さぞかし全面的に支援されます。」とEdy氏は述べた。

2019年、当社は異なる種類や色を持っている69新種類をリリースした。2019年、打ち上げられた製品数は194 SKUsであり、合計、新製品又はデザイン数は1,419となっt。

現在、タングランの第1工場の生産能力は年毎に378万平方メートルである。タングランの第2工場の生産能力は年毎に1950万平方メートルである。グレシックのの第3工場の生産能力は年毎に1809万平方メートルである。南スマトラのオガニリルのの第4工場の生産能力は年毎に1250万平方メートルである。そして、東ジャワのモジョケルトのの第6工場の生産能力は年毎に8百万平方メートルから年毎に1100万平方メートルに増やされる。 (NR/LK/W)